FC2ブログ

おめめの治療。

2009.05.14.19:15

四月中旬くらいに涙が出てるのを確認しておりました。
ショップにいた頃から目やにが出ていたこともあり、この子は目が弱いんだろうなと予想していたのですが・・・。
軽度であったのと、ぴょんたが発症してまもなく私自身が何らかのアレルギーかも?と思うような目の腫れや痒み・荒れなどを発症したので、そんな身で動物病院に行くわけにもいかず少しだけ様子を見ることにしました。
その間はとりあえず、毎日うっす~~~いホウ酸水で目を何度も拭き、汚い手で目をこすらないよう、手足を薬用石鹸で洗うことを続けました。

早くぴょんたを病院に連れていきたいのに、私の目はまぶたが赤く腫れ上がり、手と共にがさがさのアトピーみたいになり、何日たっても治りませんでした。
手はぴょんたが私にカクカクしようとする時に噛んだりひっかいたりするせいで、傷になり荒れ始めたのです。
もちろんすぐ止めさせますし、気をそらすのですが、相手は素早く力も強く、なかなかのきかん坊なので大変なのです sn


omeme1

omeme2


四月末、こんな風にぴょんたの涙の量が急に多くなり、私の目はマシになったので病院にいくことにしました。
ぴょんたは、元気で明るい所は良いのですが、すごく男の子っぽい性格というか俺様気質!
それでいてビビリ君。くしゃみや足音に驚きパニクります。
割とアホなので、そこが可愛くもあり、困りもします ハァ
さて、病院に連れて行ったら、平気かビビりかどっちかな?パニクって怪我などしないでね。と心配していましたが、待合室ではお耳をバリバリに立てて緊張していました。
ロップでもお耳をよく立てる子がいますが、この子は初めて。
診察室でも逃げ回り、台から落ちると危ないので床にて診察;
どうやらビビリタイプだったようです。
ぴょんたくんかっこわるーーーーい ヴぁー

先生には前の子も診てもらっていたので、「おひさしぶりです」と挨拶していざ診察。
体重を量り、パッと目を見て、歯を見て、心音を聞くだけでしたが、投薬して様子を見ましょうということで終了。
触診とかしないんかな?とも思いましたが、前の子のときに何件か行って、ここが一番マシだったのでまぁ仕方ないかな。

有名なK病院も近いけど、(移転してから変わったかもしれませんが、以前はこんな感じでした)
1、料金の内訳不明瞭。そこらの倍以上は高いのにレシートが出たことがない。怪しすぎる。
2、診察台を拭かない。病気やお風呂に入れない患者が来てるのに、感染したりノミがうつったらどうするの?
実際うちの子がノミをもらってきたので、私は毎回自分でペットシーツや新聞紙を持って行き、敷いていました。診察台が不潔ということは当然他も不潔なのではないでしょうか。
3、若い先生と受付の子が話に夢中で薬を忘れることが何度もあった。
4、治療も空しくうちの子が亡くなってしまった時、少し質問をしたのですが、その日までどんな質問にも雄弁に答え優しかった院長が、サッと表情を変え別人のように冷たい態度になって怖かった。
これらのことから不信感を抱き、今の病院に変えました。


というわけで目薬と飲み薬をもらってきました。
床で診察したので、帰宅後、手足を洗い、寝かされたので体も軽くフキフキしました。


omeme3

投薬タイムです。
なぜかぴょんたに一目置かれているっぽい母さんが保定役。
はじめは暴れます。


omeme4

だぁ~~め!おまえのためだよ?


omeme5

そのうち覚悟をきめるみたいで。


omeme6

大人しくなります。


この画像を見ても判る様に、もう治ってるみたいなので通院は終えたいと思います。
結局二度の通院で、二度目もほぼお薬をもらいにいっただけって感じでした。
前の子が長患いだったので今回も覚悟をしてたのですが、若いからか治りが早くて本当に良かったです。
これからも元気で明るいぴょんた君でいてね!


にほんブログ村 うさぎブログへかわいいうさちゃんブログいっぱい!



theme : うさぎ
genre : ペット

comment

Secret

プロフィール
奉公人:おはな
ohana
三代目ぴょんたに翻弄される町娘。
一代目は夜店うさぎのピー子、
二代目はライオンドワーフのちょび。

まったり更新ゆえ、過去ログなぞも併せてお楽しみいただけると幸いでございまする~。

prof
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
U・×・U
簡易型うさぎの年齢計算機(グラフィック版)
最新コメント
リンク
*
QRコード
QRコード